「安楽死」がテーマの小説・漫画・ドラマ・映画など。

追加していたら長くなったので分割(元の記事→ドラマ「神の手」感想。安楽死させたら社会問題に、政治・利権とかで巻き込まれた医師の話)。「安楽死」がテーマ、または話中で出てくる作品について。

2021/11、小説3冊安楽死特区」「終の盟約」「いのちの停車場」追加。

2022/01、小説1冊「白医」、漫画1作品「死役所」追加。

2022/05、映画1作品海を飛ぶ夢追加。

耐えがたい苦痛などがあり、尊厳ある死を望む。安楽死には、積極的安楽死(人為的に死期を早める)と消極的安楽死(早めない)とがある。安楽死については→安楽死について。賛否とその問題。個人の自由は、権利か義務と感じるか。同調圧力は怖い - 適当に優游閑適

作中に出てくる安楽死としては、自分や家族が病気などの何らかの理由で安楽死を望む。病気でなく、追い込まれる状況もある。恋愛や家族愛だったり、合法でない安楽死でミステリー(日本だと嘱託殺人になる)だったり、問題提起だったり。テイスト色々。仮説の未来設定安楽死が合法化された)なのも。

小説

高瀬舟森鴎外

渚にて(英: On the Beach、ネビル・シュート

箱男安部公房

安楽病棟(帚木蓬生)

命の終わりを決めるとき(朔立木)

神の手(久坂部羊

ミー・ビフォア・ユー きみと選んだ明日(ジョジョモイーズ

ドクター・デスの遺産(中山七里)

古市憲寿 『平成くん、さようなら』

安楽死幇助師キリ子の暗雲(平野 俊彦 )
  • 2018年。薬剤師が表の顔。感想を見付けられず。帯情報「私の先を越した心は人は誰だ!?」で事件ものみたい。

十二人の死にたい子供たち(冲方丁

安楽死特区(長尾 和宏)

終の盟約(楡 周平)

いのちの停車場(南 杏子)

白医(下村敦史)

話中で「安楽死」の言葉が出る作品。

漫画

ブラック・ジャック手塚治虫

天 天和通りの快男児福本伸行

Dr.キリコ~白い死神~(漫画:sanorin、脚本:藤澤勇希、原作:手塚治虫)

タナトスの使者(赤名 修、吉田 穣)

死役所(あずみきし)
  • 2013年~、単行本20巻が2022/02/09発売。2019年10月、松岡昌宏TOKIO)主演でテレビドラマ化テレビ東京)。タイトル通りに、死んだ時に行く役所。毎回、誰かしらの死んだ時の話。役所で働く人も元は亡くなった人ら。後から意味が分かったりでじわじわと来る面白さ。「第86条 準備」が安楽死的ながある。個人でするので、形としては自殺。エンディングノートを書いていたり、病気の苦痛、それが続く長い年月、配偶者の死による喪失感、自殺でなく選択死と言い換える。次の「第87条 お先に」では先に亡くなっている夫の話。ドラマも良かった。原作と違う部分がある。原作では客(亡くなる人)の生い立ちから死までがあってから死役所に行く。ドラマでは、死役所に客が来た所から始まり回想という形。清原翔とでんでんが特に良かった。どちらも罪を犯した人間であるが、共感してやったれと思うぐらい。ただ一人苦手なキャラ(事情知らずに正義感な感じで突っ掛かる)がいて見ていて役とは言え、その役者さんに苦手意識がでるぐらい。気になる人には気になる。作者的に女性に嫌われるタイプだろうとあったので、仕方ない気も(感想を見ると男性受けも良くなかった印象はあるけど)。主演の松岡は、普段との差がある役柄が多い印象。家政婦のミタゾノ、またやらんかな。
  • 死役所 | コミックバンチweb(一部の作品が読める。1~3話固定、2022/02時点で85~87話 ※最新ではない)
  • ドラマホリック!死役所|主演:松岡昌宏|テレビ東京

   

デスハラ(吉田より)※ネットで見られる漫画

映画

ハッピーエンドの選び方(原題:THE FAREWELL PARTY)

ミリオンダラー・ベイビー(Million Dollar Baby)
愛、アムール(Amour)

海を飛ぶ夢

ドラマ

Dr.M/救命救急医の殺人ライフ

雑感

安楽死でないけど、死がテーマのドラマなど。海外のだと主人公が安楽死する作品は幾つかある、日本のは知らない。病気のはある。ドラマで最後に死ぬとこで終わる「余命宣告もの」、苦手で見るかどうかは脚本家や出演俳優による。

今まで見たことがあるので印象に残っているのは、草彅剛主演で特に評価の高い「僕シリーズ3部作」のうちの一つ僕の生きる道。28歳の私立高校生物学教員の男が余命1年と宣告されてから始まる。健康を考え暴飲暴食もせず可もないけど不可もなく生きてきた、多少自暴自棄はあるものの、悔いなく生きることを選択する。傍からは達観したようにも思える話。語ると長くなるから機会があったらとしか言えない。主題歌はSMAPの「世界に一つだけの花」。

もう一つは天海祐希主演のラストプレゼント 娘と生きる最後の夏」。娘を捨てた過去のある女が余命3ヵ月と宣告され、それを言わずに娘と過ごす最後の夏という話。元夫は二人を会わせたくないとあるけど、奥さんが育児ノイローゼになるまで気付かないからこっちも問題がある(天海祐希贔屓で見る)。これは天海祐希好きで見た。

病気の苦しさをどこまで描くかで印象も変わる。ドラマでだと、苦しむシーンは少なめや省略して葬式になってたりする。視聴者が見たがらないからだと思うけど、他人事でも見たくないんだから、身内のなんてもっとだろうし。

ドラマなので楽しむのが一番の目的としても、死について考える一つの切欠にはなると思う。このドラマの主人公はどう生きるかで安楽死とは違うけど。

 

安楽死関連の記事

(2022/01。分割して追加して、各作品を見出し化)